ラトビアでなにを食べたら良いの!?そんなあなたにおすすめの安くて美味い料理店2店+変わり種1店

どんな内容?:ラトビア共和国首都のリガでラトビア料理を味わえる美味しいお店を2軒ご紹介します!

誰向け?:ラトビアの観光で美味しいレストランを探しているあなたへ

※この記事は2020年9月1日に更新しました

 

よくラトビアではどんな料理が美味しかったですか?という質問が多いのですが、なんて答えれば良いのか結構困るときがあります。

それは、「なんでも美味しい!」からです(はっきり言えないほど汗

 

ラトビアは周囲の国々(ロシア・ドイツ・アジア等々)から食文化の影響を受けています。

そのため、じゃがいもの料理や肉料理、ロシア圏のペリメニ(ロシアの水餃子)など街のレストランでそれぞれの良いところが合体した食文化。

 

「はじめてリガに行くんだけれど、なるべく安くて美味しい料理店ってありますか?」

 

という疑問にこたえるべく、実際に1か月リガに滞在した時の経験を踏まえて

ラトビア料理を「安く」「美味しく」楽しめるビュッフェ風スタイルレストランを2軒と個性的な1軒ご紹介します。

Rock
リガ観光の際に是非おすすめする料理店なので、行かれてみて下さい!
この記事で伝えたいこと

①リガに来たら1度はかならず行って欲しい「リド」

②ルーチンで食事をするなら、安い・美味いの「ピパルス」

③変わった料理メニューが豊富な「ガーリックパブ」も思い出になります^^

 

おススメ①木造建築のレトロ加減が素晴らしい有名店「リド」

このラトビア料理店「リド」は『地球の歩き方』にも掲載されている有名なチェーン店です。

写真はリガ旧市街にある「リド」なんですが、新市街にも何店か経営しているので、リガ散策でのごはんは全く心配いりません!

さっそく中にはいってみましょう!

木造のクラシックな雰囲気に思わずわくわくしちゃうこと間違いなしですよ♪

とりあえず入ったら、席に座る前に料理を自分で取りに行きましょう。

料理は自分の眼で見ながら、指さして

料理が並んでいる場所にお皿があるはずなので、基本的にはビュッフェスタイルのように食べたい料理を載せていきましょう。

料理人さんがいらっしゃるブースでは、自分の食べたい料理を指さしでOK!

その料理を取り分けてくれます。

 

料理がそろったら、あとは奥にあるレジでお会計になります。

店員さんがお皿に載っている料理を計算して、お支払い金額を出します^^

ちなみに、この「リド」はラトビアのビールも『生』で飲めますので、パブとしても使える良いお店です!

特にリドが醸造しているオリジナルビール「LIDO BEER」は必飲!

せっかくラトビアに来られたのでしたら、ラトビアの大衆ビールブランド「CēsuAlus」もぜひ飲んでみて下さいね!

※お時間があれば、ラトビアを代表する大ブランド「CēsuAlus」についてくわしく紹介しています👇

ラトビアに来たら国内最大手のビールブランド「CēsuAlus」を!ラインナップについて解説します

◆インフォメーション
Lido Alus Seta (リガ) 最新のレストランの口コミ(2019年) – トリップアドバイザー
Lido公式HP👇
【公式】LIDO
営業時間:11:00-22:00
平均飲食代:10€前後(載せた料理によるところが大きいです)

おススメ②「Bistro Pipars」(ピパルス)は味・値段◎の良店

上記の「リド」で正直充分ラトビアの料理事情は堪能出来る!のですが、長く滞在する予定の方向けにしては、少々値段が「高い」です(現地のラトビア人もそんなに行けないとのこと)

なので、サービスが落ちても多少は構わない!お手ごろ価格のラトビア料理店を!という方におススメなのが、こちら「ビストロ ピパルス

 

さっそく中に入ってみましょう!

写真左側(角度がわかりにくくて、すみません^^;)に、「リド」と同じくスタッフさんが料理を取り分けてくれるので、まずは順番どおりに並びましょう!

自分の番になったら、トレイを手に取り、あとはスタッフさんに「これが食べたい!」という気持ちで指さし!(スタッフさんによっては、不愛想ですがきにしてはいけませんよ!)

料理をお皿に乗せてくれます。

このとき、もう少し載せて欲しかったら、ジェスチャーで「すくう」しぐさをして、もっと盛ってほしい旨を伝えましょう。

 

お皿に料理がそろったら、レーンの奥にあるレジでお会計です。(ここも取ったら取った分のお支払いになります)

これは、当時私が頼んだ料理の一例です。(肉ばっかりですね^^;

 

ここのお店はお酒を置いていないので、お酒も楽しみたい方には「リド」をおススメします。

安い金額でラトビアの料理を堪能したい方には、個人的に強くおススメですよ。

◆インフォメーション
Bistro Pipars (リガ) の口コミ50件 – トリップアドバイザー
営業時間:9:00-21:00(曜日によって変わるようなので、詳細はご確認下さい)
平均飲食代:5€程度(20回ぐらい通ってましたが、大体この金額になります)

おススメ③「Garlic Pub」という珍しいニンニク料理専門店

ガツンとしたご飯を食べたいあなたには旧市街の「Garlic Pub」という料理屋はいかがでしょうか。

名前から察するように、このレストランはあらゆるメニューにニンニクをたっぷり使用しているという吸血鬼真っ青の個性派レストラン><;

内装は石造りの暖かいデザインでしっかりしたディナーにも使えそうな雰囲気です(ニンニクは置いといて

ここでROCKが一生忘れられない味だと感じたのは「にんにくビール」

刻んだ生のニンニクがたっぷりグラス底に沈んでいる生ビールで、一口含んだだけで強烈なニンニクの芳香が・・!

ほかにもエビのにんにく炒めやペンネパスタもにんにくソースというメニューを頼んでみました。

こちらの料理もニンニクの量がすごいことになっていますが、塩気と旨味はお酒の良いアテになりますね。

一緒に行った人と臭い仲になれちゃう素敵なレストラン「Garlic Pub」

ネタ枠のように思ってしまいますが、料理の味は非常に美味しいので、明日のにおいを気にしないあなたにぜひおススメします♪

◆インフォメーション
Ķiploku Krogs
営業時間:12:00-23:00(毎日営業)
平均飲食代:1人15-20€程度(例:メイン+お酒+冷菜)

 

ROCK的まとめ

①リガに来たら1度はかならず行って欲しい「リド」

②ルーチンで食事をするなら、安い・美味いの「ピパルス」

③変わった料理メニューが豊富な「ガーリックパブ」も思い出になりますよ

 

いかがでしたでしょうか。

こうして、記事を書いていると、またラトビア料理を食べたくなってしまいました。

東京に「リド」が来てほしい!と思う今日この頃^^;

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

ロックでした。

※編集後記(2019年12月)

ラトビアの友人がおススメするレストランとして、以下の2軒も挙げてくれました。

Home

3 pavāru restorāns “Tam labam būs augt”

I enjoy eating much more than cooking, however I would not be so sure – I might be cooking at the respective moment, and then I enjoy cooking more than eating. Also, I love talking about food and explaining to diners why I prepare this and that, what it is they are eating, and that there is such and such outcome possible as well.

<<ラトビア含めバルト三国への旅行を計画している方は、こちらもどうぞ!>>

【まとめ記事】ラトビアの観光・グルメ・行き方についてまとめて紹介いたします!


自分らしい自分だけの人生を

33歳元バックパッカーのわたしがこのブログを立ち上げた経緯や読んでいただいている方に伝えたい目的を紹介しています。