読み終わる時間:3分程度

誰向け?:世界遺産のバガンでEバイクに乗る予定・乗ってみたいあなたへ

 

Rock
こんにちは、ROCKです!

すてきな「旅」してますか?

世界51か国を巡ってきた私ROCKが、世界の魅力をあなたにお届けするブログ「ログROCK

 

古代遺跡があちこちに点在する世界遺産の街バガン。

バガンは広大な自然の中に3つの地域から成り立っています。

・オールドバガン ➡︎歴史博物館や古代寺院など観光の目玉が集まるエリア

・ニューバガン  ➡︎ニャウンウーよりも落ち着いており、ゆったり滞在するのにおすすめのエリア

・ニャウンウー  ➡︎バックパッカーが集まる宿・買い物・食事が豊富なエリア

👇のマップを見ていただくとわかるように、各地域はけっこう離れています。

バガンは残念ながらGrabサービスが行き届いていない地域。

※Grabとは、Uberと同じ配車サービスアプリ。東南アジア諸国で大きなシェアを持っています。

Grab – Transport, Food Delivery & Payment Solutions

Grab is a Singapore-based technology company offering ride-hailing transport services, food delivery and payment solutions. Find out more!

そのため、流しや声掛けしてくるタクシー運転手が幅をきかせています。

けっこう高い値段で行ってくるので、もし可能であればバガン名物のEバイクで巡りましょう!

Eバイクは電動スクーターを指します。

2020年1月現在、乗るときに免許は要りませんので、観光客でも気軽に借りることが出来ます。

今回の記事は、そんな旅人の強い味方であるEバイク。

私ROCKは生まれて初めてEバイクに乗りましたが、最高の体験でした!

ここでは、初めての方向けにEバイクの操作方法と注意点を紹介します^^

ぜひ、バガン観光の際には、Eバイクで効率的に観光していきましょう!

この記事で伝えたいこと

①バガンの足はタクシーのチャーターかEバイクの2択

②Eバイクはスピードが出るので、十分注意して!

③ウルトラライトダウンは必ず用意しよう!

④Eバイクなら1日でバガンを巡ることが出来る!

足となるEバイクは宿周辺にある

電動スクーター「Eバイク」はバガンで広く普及した乗り物です。

充電バッテリーで動く地球に優しいスクーターで

うれしいことに、観光客も簡単に借りることができます^^

各地域や観光するべき寺院までかなり距離があります。

そんな環境では観光タクシーよりも、はるかに効率よく観光できちゃいます。

実際のレンタル方法はいたってかんたん。

レンタルバイク屋で、店員にEバイクを借りたいことを伝えましょう。

料金は店舗によってばらつきがありますが、平均8,000チャットぐらい(2020年1月現在)

日本円でおよそ560円で、Eバイクを一日中使うことが出来ます^^

レンタルのときは、かならずヘルメットも借りましょう!

異国の地で事故にあったとき、ヘルメットも無いのは大変危険です!

伝えないと用意してくれないこともありますので、ぜひ一声かけましょう。

Eバイクの操作方法を覚えよう

レンタルバイク屋で用意されたEバイク。

優しい店員さんは乗ったことがあるか訊ねてくれるでしょう。

そうでない店員さんは

スタッフ
あとはわかるな…?

と言わんばかりのアイコンタクトで任せっぱなしです。

スクーターに乗ったことがあれば感覚で乗れちゃいますが

ROCKみたいにまったくの未経験だと、操作方法を覚えないといけません。

「運転できるか心配…」

そんなあなたに、実際乗ってみたEバイクを使って操作方法を紹介します^^

①エンジンのつけ方・切り方

わたしの乗ったスクーターは、右側の差込口にキーを回してエンジンをかけます。

このあたりは、車といっしょですね。

②アクセルは?

右のハンドルでアクセルを操作します。

ハンドルを手前にひねることで、スピードが出ます。

一気に回すと大変危険なので、最初は加減をみながらゆーっくりハンドルを回しましょう

最高時速は50Kmほど出ます(画像下の横メモリがバッテリー残量)

減速したいなら、回したハンドルを戻せば、アクセルが弱まります。

③ブレーキは?

自転車と同じ形で、ブレーキハンドルがあります。

アクセルグリップは戻しながら、ブレーキをかけていきましょう。

④人や動物が道端に!こんな時は!

クラクションを鳴らしましょう^^

クラクションはハンドル左側👇

オレンジ色のボタンが見えますでしょうか?

このラッパマークボタンがクラクションです。

走行中に車やバイクを追い越すときや、道路を横断しようとする人に対して

自分の存在を教えてあげると良いですよ^^

⑤バガンタワーまで朝焼けを観に行くんですが、暗くて怖い・・・・

そんなときは、ライトを点灯!

ライトは左ハンドル上の中央にある黒いスイッチです。

日の出は6時〜7時までがベストタイミングです。

そのため、まだまだ真っ暗なバガンを走行しないといけません。

安全のため、ゆっくり走りましょう。

⑥左右に曲がるときは?

車と同じく、右折左折するさいはチェッカーを出しましょう。

チェッカーボタンは、左ハンドルのクラクションそばにある左右のスイッチです。

⑦日本と同じように、左車線ですか?

ミャンマーは右車線です。

最初は違和感がありますので、意識して走りましょう。

ちなみに、バイクなどの二輪は右端を走る慣習のようです。

⑧一日中使う予定ですが、バッテリーは持つの?

じゅうぶん持ちます^^

一日中走っても、半分以上バッテリーが残っていました。

店員さんに聞きましたが、バッテリーの心配は要らないとのこと^^

バガンの道路は穴ぼこが多い!気をつけて!

バガンはアスファルトで舗装された道が大きな道路しかありません。

観光で巡るときに通る道のほとんどは、なんの舗装もないデコボコ道。

そのため、無数のくぼみがそこかしこにあるので、うっかり通らないように!

スピードを出した状態でくぼみを通ったら、最悪車体ごと飛びます。

このときにヘルメットもしておらず、半袖短パンだったら…。

大怪我はぜったいに避けたいものですよね。

スピード出すときは、舗装道路にしておきましょう^^

走行中は寒い!長袖を着よう!


参照:UNIQLO

熱帯地方のミャンマー。

旧首都のヤンゴン付近は常時30度前後の暑い地域ですが

バガンは、思う以上に寒~い地域です。

ミャンマーに詳しい方いわく、沖縄と東京ぐらい気温が違うとのこと。

特に日が出ていない朝方・夜間は半袖短パンだとかなり冷えます。

Eバイクで走行中は日中でも肌寒いので、羽織るものを身につけましょう^^

万が一転倒した時のことも考えると、長袖・長ズボンが理想的。

ROCKは、UNIQLOのウルトラライトダウンを着てました。


参照:UNIQLO

ウルトラライトダウンは、文字通り「軽さ」「保温性」を両立したダウンジャケット。

乗り物の強烈な冷房や、このEバイクの時は大活躍でした。

旅で必ず持っていきたいアイテムです^^

ユニクロ|ウルトラライトダウン~コンパクトなのにインパクト|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)

【ユニクロオンラインストア|MEN】ウルトラライトダウンの特集ページ。驚くほど軽くて、暖かい。アウターだけでなくインナーダウンとしても使えるダウン。ベストやジャケットなどのラインナップも。|メンズファッションならユニクロ公式通販サイト

Rock
5年前のバックパッカー旅に欲しかった・・・

ROCK的まとめ

①バガンの足はタクシーのチャーターかEバイクの2択

②Eバイクはスピードが出るので、十分注意して!

③ウルトラライトダウンは必ず用意しよう!

④Eバイクなら1日でバガンを巡ることが出来る!

 

いかがでしたでしょうか。

最初は緊張しますが、10分もしないうちに乗りこなすことが出来ますよ!

移動に対するストレスが無くなるので、最高に気持ちが良いです^^

バガンにお越しの際は、Eバイクに挑戦してみることをおススメします。

ROCKでした。


自分らしい自分だけの人生を

33歳元バックパッカーのわたしがこのブログを立ち上げた経緯や読んでいただいている方に伝えたい目的を紹介しています。