記事の内容:ウイスキー通に有名な聖地アイラ島。フェリーで行く場合の手順と船内のグルメ情報を提供します

読み終わる時間:平均3分

こんなひとにおすすめ!:アイラ島へ飛行機では無く、船で上陸しようと考えている方

※この記事は2019年8月4日に更新しました

 

こんにちは!ロックです。

みなさんは、『アイラ島』という島をご存知でしょうか。
「知っているよ!」という方が居れば、あなたは『ウイスキー通』ですね!

スコットランドの西、小さい島が並ぶエリアの中に、ウイスキー産業で有名なアイラ島があります。

アイラ島への観光についてはこちらの記事でご紹介しています👇

今回こちらでご紹介したいのは、アイラ島へフェリーで向かう場合の手順と船内で楽しめるグルメ情報を提供しております。

Rock
それでは、さっそくどうぞ!

アイラ島への行き方は?フェリー乗り場への行き方

アイラ島へのアクセスには2つの方法があります。

①セスナで島へ上陸する方法(2019年現在Loganair社【ローガンエアー】で大都市グラスゴーとの運航線があります)
 メリット:移動時間が短くてすむ・船で行くよりも手順は少ない
 デメリット:値段が高い・飛行機に乗るので空港への予約や荷物の整理が必要 

②フェリーに乗って上陸する方法(私が実際に使ったのはこちらの方法。現在Calmac Ferry社が運航してます)
 メリット:交通費を安く抑えられる(現在往復で大人1人13ポンド)・船に乗る醍醐味

 デメリット:グラスゴーから港まで向かうバスを別途予約する必要がある・飛行機よりも移動時間が長い

こちらは旅行日程に余裕がある人向け

②のフェリーでアイラ島へ行く方法についてですが
まず大都市のグラスゴーから港のケナクレイグ(Kennacraig表記)行きのバスを予約しましょう。

方法は、グラスゴーからScottish Citylinkという名前のバス会社が港行きを運航しているので
下記HP(英語のみ)から予約しておきましょう。(港まではグラスゴーから片道3時間ほどかかります)

フェリーの予約に関してですが、レンタカーやバイクで向かう場合は予約が必要ですが
私のように人間だけの乗船であれば
港に着いてから、チケット販売所があるので、そこで買えば大丈夫です。

行き先は「ポートアスケイグPort Askaig」です。
ポートエレンPort Ellenという行き先もあります。どちらが良いかはアイラ島へ泊る宿によって選んで下さい。評判の良い宿については、今後の記事でご紹介しようと思います。)

フェリー内売店の様子

無事に乗ることが出来ましたら、ぜひ「売店」へ。

実はフェリーの売店には、アイラ島で醸造している「アイラビール」が売っております。

流通量がかなり少ないレアビールなので、ぜひご自宅用に持ち帰ることをおススメいたします♪

無事に購入したあとは、船内のレストランへ移動しましょう。

船内レストランのおススメは何といっても、フィッシュアンドチップス!

過去最高に美味しいフィッシュアンドチップスですので、ぜひお見逃しなく!

Rock
アイラ島内でもアイラビールを見かけたら、ぜひ飲んでみてください!

ロック的まとめ

①ウイスキーの聖地【アイラ島】への行き方は飛行機or船のどちらかで。(個人的に船をおススメします!)

②船で食べるフィッシュ&チップスは素晴らしい味わい。ぜひ食べて欲しいです!

③アイラ島へはぜひ一度観光に行ってみて下さい!バードウォッチングでも有名な島です。

いかがでしたでしょうか。

なかなかめったに行くことが出来ないアイラ島。
きっと、普通は飛行機で行く人が多いのでしょうが
船で行くと、こんな食べものとビールがお出迎えしてくれるのです。

アイラ島に到着した際のインフォメーションについては、👇の記事を合わせてどうぞ!

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。ロックでした。



自分らしい自分だけの人生を

33歳元バックパッカーのわたしがこのブログを立ち上げた経緯や読んでいただいている方に伝えたい目的を紹介しています。