記事の内容:スコットランドの首都エディンバラでぜったいに食べるべき サンドイッチをご紹介!

誰向け?:エディンバラ観光のお昼ごはんをどこで食べるか考えているあなたへ

※この記事は2020年2月10日に更新しました。

Rock
こんにちは、ROCKです!

すてきな「旅」してますか?

世界51か国を巡ってきた私ROCKが、世界の魅力をあなたにお届けするブログ「ログROCK

 

スコットランドの首都エディンバラは歴史的な建物と起伏のある地形があいまってとても魅力的な街です。

特にスコッチウイスキーファンの方にはぜったいに行くべきScotch Whisky Experience(スコッチウイスキー博物館)がこのエディンバラにあるので、ぜひとも観光に行って欲しい街なのです。

ウイスキーに興味があるあなたにはぜひ、工場見学に行ってみましょう^^*

[nlink url=”https://rock1105.com/campbeltown-324″] [nlink url=”https://rock1105.com/islay-hotel-212″]

今回は、エディンバラでおススメのサンドイッチを出すお店をご紹介したいと思います。

この記事で伝えたいこと

①スコットランドのエディンバラにお越しの際は、ポークサンドイッチ「Oink」をおススメします!

②注文は、料金が高い=量が多いので、その日の胃袋事情でお選びください!(トッピングには自家製ハギスがおススメ!)

③閉店が早いので、お昼ごはんに食べるのがおススメ。そのあとは市内観光をお楽しみください!

エディンバラでジューシーな肉汁たっぷりポークサンドイッチを提供する「Oink」

 

ピンク色のテーマカラーにとても記憶に残るショップのロゴデザインが印象的なこのお店。

インパクトがあるのは、このお店の外観だけではないのです・・・。

それは、ちょっとショッキングなメニューの見せ方にありました。(グロイかもしれないので、苦手な方はご注意を

いきますよ・・・。準備は良いですか。

 

・・・

 

・・

 

こんな丸焼きの豚さんが店内に・・・。すごいですよね><

このお店の看板メニューはこの【豚ローストを利用した】サンドイッチなのです。

シンプルなメニュー。オーダー方法はサイズとソースを選ぶだけでOK!

さっそく中にはいってみましょう。

画像の【OINK PRICES】をご覧ください。(※料金は現在値上がりしておりますので、あくまでも参考程度に!)

Piglet
Oink
Grunter
の3項目が大きく書かれているのですが、これはポークサンドイッチに挟む豚肉の量を表しています。

Piglet=【小サイズ80
Oink= 【中サイズ160
Grunter=【大サイズ250

なので、パンにはさむ豚肉の量を決めましたら、次です。

パンの種類を選ぶ(ホワイトブレッドかブラウンブレッドの2種類から)

パンにはさむ野菜or自家製ハギスを選ぶ(ハギスは羊の内臓を香辛料で茹でた伝統料理)
出来れば、ハギスを選んで欲しいところです!

最後に何種類かあるソースを選ぶ(チリチーズかマスタードマヨネーズが個人的おススメ)

そしたら、あとはお会計を済ませておしまいです。

気になるお味ですが、スパイスのしっかり効いた豚肉の肉汁のうま味が口いっぱいに広がりとても美味しい!^^*

豚肉もほろほろと崩れるやわらかさなので、がっつりかぶりついて食べると美味しさもひとしおです。

お店はどこにあるのか?エディンバラ城にほど近い坂道にあります

Scotch Whisky Experienceの近くではあるのですが、店舗のあるビクトリア・ストリートには少しぐるっとまわりながら下っていく必要があります。

◆information

Oink (エジンバラ) 最新のレストランの口コミ(2019年) – トリップアドバイザー

Oink(エジンバラ)に行くならトリップアドバイザーで口コミ、地図や写真を事前にチェック!Oinkはエジンバラで185位(2,269件中)、4.5点の評価を受けています。

※このお店は営業時間が11時~夕方5時までとのことなので行かれる方はお気を付け下さい。

ロック的まとめ

①スコットランドのエディンバラにお越しの際は、ポークサンドイッチ「Oink」をおススメします!

②注文は、料金が高い=量が多いので、その日の胃袋事情でお選びください!(トッピングには自家製ハギスがおススメ!)

③閉店が早いので、お昼ごはんに食べるのがおススメ。そのあとは市内観光をお楽しみください!

 

日本にも、来日して欲しいお店のひとつですね。

スコットランドにはみなさんにおススメしたいグルメがたくさんあるので、今後ご紹介したいと思います。

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。ロックでした。

スコットランドに来たら「スコッチウイスキー」の工場見学をおススメしますよ♪

[nlink url=”https://rock1105.com/campbeltown-324″] [nlink url=”https://rock1105.com/islay-hotel-212″]

自分らしい自分だけの人生を

33歳元バックパッカーのわたしがこのブログを立ち上げた経緯や読んでいただいている方に伝えたい目的を紹介しています。