読み終わる時間:4分程度

誰向け?:中東の国ヨルダン。首都アンマンには旅人を惹きつける食・観光・人がある!そんな魅力を全力で紹介します

※この記事は2020年2月16日に更新しました♪

Rock
こんにちは、ROCKです!

すてきな「旅」してますか?

世界51か国を巡ってきた私ROCKが、世界の魅力をあなたにお届けするブログ「ログROCK

 

今回ピックアップする国は、中東の国「ヨルダン」です。

ヨルダンといえば、あなたは何をイメージするでしょうか。

映画「インディジョーンズ最後の聖戦」に登場する遺跡の舞台?(←私のことです

テロリストによる誘拐事件が起きた物騒な国?

おそらく、昨今の世界情勢を通してみてしまうと、あまり良い印象を受けないことが多いのかもしれません。

たしかにそうした一面があるのは事実。大変嘆かわしいことです・・・。

ですがヨルダンには、一度行けばとっても好きになる要素がたくさんある国だということをぜひ知ってもらいたいのです。

こうしてヨルダンの魅力を少しでも多くの方に知ってもらいたく、今回ご紹介しようとおもっています。

そこまでして伝えたいと思える魅力があるからこそ。

この記事では、日本からヨルダンの首都アンマンに向かった場合を想定して、宿泊先・地方への移動・グルメ等々を紹介していきます。

ぜひ一度、アラビアンナイトの世界そのままの中東の旅を計画してみてください!(必ず治安状況は最新版を確認してからですよ!)

この記事で伝えたいこと

①ヨルダンは中東の中で観光がしやすい国

②アラビアンナイトの世界を体験したいあなたにおススメの国

③治安に関して、常に最新の情報を確認しながら計画を練りましょう。

ヨルダンってどこにあるの?

中東の国ヨルダンは、イスラエル、イラク、シリアなど多くの国と隣接しており

塩分濃度が海水の10倍という濃さで、入水すると身体が浮くことで知られる死海を有していることで知られています。

ヨルダンは日本から行く場合、直行便は運航していないので、中東の以下の国から乗り継ぎで向かう形です👇

①カタール航空

②エティハド航空

③エミレーツ航空

いずれの航空会社は中東でよく知られている航空会社になりますが、知名度が高いのは③エミレーツ航空でしょうか。

②エティハド航空も値段とサービスのバランスが良いと評判の高い会社。

いずれも安心して利用できる航空会社なので、あなたの日程で一番お得な会社を選んでみるのが良いでしょう。

日本⇨ドバイで一回乗り換えしてからの、アンマンへ向かうルートでおおよそ片道15時間のフライト。

もしドバイに興味があれば、一泊組み込むのも良いかもしれませんね。

新婚旅行先でも人気の高いドバイ。

バックパッカーとしてひとりで滞在してみた感想としては、とても独りで行くものでは 誰かと一緒に楽しむスポットが多く、新婚旅行先で人気なのも納得。

ヨルダンは何が見どころ?

中東地域の中でも、比較的治安が良く、アラビアンな史跡や広大な砂漠、はたまた南国の楽園を彷彿とさせるブルーオーシャンなダイビングスポットなどなど‥

多くの魅力的な要素を備えているヨルダンですが、具体的に何があるのか?

実際に旅してきた私ROCKが観光をオススメするエリアを3つご紹介します。

ROCK 的ヨルダンオススメエリア3つ👇

①ペトラ遺跡

一生に一度は観に行ってみたい世界遺産のペトラ遺跡!

冒険活劇「インディジョーンズ」の3作目で聖杯が安置されている遺跡として登場したことでも知られる世界遺産。

首都のアンマンから長距離バスで約3時間。

褐色の渓谷奥にひっそりと佇む古代遺跡は、その迫力に思わず声を上げてしまいます。

以外と知られていませんが(私も行くまで知らなかった

あのペトラを象徴する遺跡「エルカズネ」ですが、じつはペトラの遺跡はエルカズネが有るだけではないのです。

むしろ、ペトラ遺跡の入り口みたいなもので、エルカズネの奥に物凄い広大な遺跡群が点在しています。

ちなみに、一番奥の遺跡エドディルという修道院跡地までは、エルカズネから片道3時間以上の大冒険。

この辺りの詳細は、今後別の記事でお話ししたいと思います。

②ワディラムとアカバ

世界遺産に指定されているワディラム。

ここはぜひ一度行ってみて欲しいスポットです!

それはなぜか?

このワディラムは、まさにアラビアンナイトの世界を彷彿とさせる赤い大地、延々と続く砂漠、乾いた風…。

まるでファンタジーの舞台に立っている強烈な感動と心の高ぶりは、あなたの人生で最高の景色になるはず。

ここでは、ラクダに乗って周遊したり、気球でワディラムを見通すツアーがあるので、一緒に楽しみたい。

ワディラムは、先ほどのペトラ遺跡からさらに南下して、イラクとの国境付近に広がっています。

観光に行く際は、首都アンマンから長距離バスで砂漠のリゾート地アカバという町を目指しましょう。

このアカバは、内陸国ヨルダンの中で至高のビーチリゾートとして、内外の観光客がバカンスに訪れる町。

世界でも有数のダイビングスポットになっているので、ここを拠点にしばらく滞在したい。

ワディラムはこのアカバから日帰りツアーを組めますので、ぜひアカバとワディラム①セットで旅程を組むことをオススメします!

ワディラム

ワディラムは、時間を超越したすばらしい場所で、人間の手とその破壊力がほとんど及んでいません。 壮大な絶壁を削ったのは天候と風で、T.E. ロレンスの優雅な表現を借りるならば、ここは「広大で、音の響き渡る、神のような場所」です。 ワディラムは、時間を超越したすばらしい場所で、人間の手とその破壊力がほとんど及んでいません~。

③アンマンおよびその周辺

首都のアンマンは空港からバスでおおよそ1時間北上したところにある大都市。

人口200万人と中東の国でも有数の都市として今日に至るアンマンは、多くの人でにぎわっています。

もしご興味があれば、アンマンの観光とグルメ情報も合わせてどうぞ♪👇

[nlink url=”https://rock1105.com/jordan-amman-1881″] [nlink url=”https://rock1105.com/jordan-amman-eat-1969″]

ちょっとまち歩きをすれば、古代ローマ時代の劇場や神殿跡など、太古の時代を感じさせる名所に出会えます。

雑多な雰囲気が妙にクセになるこの街で、私も比較的長くのんびり過ごしてました。

ちょっと、タイのバンコクやインドのコルカタに近い人間くささに通ずるものがあります

このアンマンを拠点に、たとえばバスでおおよそ片道1時間の町ジャラシュ(ジェラシュとも)もぜひ。

ジャラシュは、古代ローマ時代の都市遺跡がきれいに残っていることで有名な町。

実際に行ってみると「こんなに遺跡が残っているのか!」と感動すること間違いなし!のおススメスポット。

詳しくは👇で紹介しています。

[nlink url=”https://rock1105.com/jordan-jerash-1942″]

他にもアンマンから日帰りで行けるエリアとして「マダバ」やジャラシュよりさらに車で30分の距離にある「アジュルン」「カラク」も。

史跡に触れる・学ぶ旅がお好きであればぜひアンマンとその周辺都市に出かけてみると良いでしょう!

日本からヨルダンへ!まずは空港に着いたら

日本からドバイで乗り継ぐ事およそ15時間。国際線の発着場所であるアンマンの空港「クィーンアリア国際空港」に降り立ちます。

日本人は2019年現在、ビザ無しで30日間の滞在が可能なので、煩雑な入国手続きは不要です。

ですので、恐れる事なくどうどうとイミグレーションでパスポートを提出して下さい。

入国審査官からの質問は「sightseeing」でさらっと回避して、めざすは長距離バスで、目的の街へ!

クィーンアリア空港からは、アンマン行きバスが以下のスケジュールで運行していますので、あまり慌てることなくチケットを購入しましょう。

クィーンアリアのシャトルバススケジュール表

クイーンアリア国際空港からの出発点: 出入口出て歩道脇の到着ホール前

アンマンからの出発点: 北バスターミナル

バス路線:北バス停留所~クィーンアリア国際空港

運賃:3.300 JD(運転手もしくはバスチケットカウンターで購入)

アンマン出発
(北駅)
空港からの出発
(到着ターミナル)
午前6時30分午前6時30分
7:00 AM7:00 AM
午前7時30分午前7時30分
午前8:00午前8:00
午前8時30分午前8時30分
午前9:00午前9:00
午前9時30分午前9時30分
午前10時午前10時
午前10時30分午前10時30分
午前11時午前11時
午前11時30分午前11時30分
午後12:00午後12:00
午後12時30分午後12時30分
午後1:00午後1:00
1:30 PM1:30 PM
午後2時午後2時
午後2:30午後2:30
午後3:00午後3:00
16:0016:00
午後4:30午後4:30
午後5:00午後5:00
6:00 PM6:00 PM
午後7時午後7時
20:0020:00
午後9時午後9時
午後10時午後10時
午後11:00午後11:00
午前12:00午前12:00

 

バスのスケジュールと価格に関する詳細情報

電話:  +962 6 4891348、+ 962 6 4891073

引用: Queen Alia International Airport

空港からアカバやペトラにすぐにでもという方もいらっしゃると思います。

残念ながら、バスの路線がアンマン行きしか無く、お金を出してもという事であれば、タクシー➡︎アンマン郊外の南バスターミナルから向かうことも可能ではあります。

ただ、ヨルダンは物価がアジアに比べるとやや高めなので、お財布と要相談です。

非効率的ではありますが、一度アンマンまでシャトルバスで向かい、乗り継ぎでペトラやアカバへ向かいましょう。

到着地点やオススメ滞在エリア等々、アンマンの観光については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

ぜひ、併せてご参考にどうぞ!

[nlink url=”https://rock1105.com/jordan-amman-1881″]

ROCK的まとめ

①ヨルダンは中東の中で観光がしやすい国

②アラビアンナイトの世界を体験したいあなたにおススメの国

③治安に関して、常に最新の情報を確認しながら計画を練りましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

中東はヨーロッパでもアジアでも無い刺激的な文化がたくさんあります。

ドバイでは物足りないあなた、ぜひ観光のしやすいヨルダンで、本格的なアラビア文化を体験してみて下さいね(治安に関する情報については👇)

[nlink url=”https://rock1105.com/jordan-safe-dangerous-2067″]

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ROCKでした。


自分らしい自分だけの人生を

33歳元バックパッカーのわたしがこのブログを立ち上げた経緯や読んでいただいている方に伝えたい目的を紹介しています。