読み終わる時間:2分程度

誰向け?:フランスのモンサンミッシェルで有名なスフレオムレツを日本でも食べたい方

 

Rock
こんにちは、ROCKです!

すてきな「旅」してますか?

世界51か国を巡ってきた私ROCKが、世界の魅力をあなたにお届けするブログ「ログROCK

 

前回、フランスのモンサンミッシェル修道院に行かれる際はコレを食べてみて!記事を書きました。

[nlink url=”https://rock1105.com/omlete-presale-montsanmichel-4491″]

その中で取材させて頂きましたラメールプラール・東京について紹介しようと思います。

モンサンミッシェル修道院といえば、海の上にそびえるシルエットが美しい世界遺産。

そこで、100年以上前から巡礼者に提供され続けている名物料理のオムレツが知られていますね。

そのオムレツを提供しているラメールプラールが、この日本・東京に出店していることを知っているでしょうか。

 

今回はラメールプラール・東京のアクセス方法から、初めての方におススメするコースについてご紹介します。

ぜひ、深い歴史を持つスフレオムレツを食べてみてください(^^)

※この記事はラ・メールプラール東京店様からの許可を得て掲載しております。

東京都の有楽町駅から徒歩5分に立地するラメールプラール

ラメールプラールの東京店は、JR有楽町駅(東京駅から徒歩でも約10分程度)が最寄りです。

ビックカメラ有楽町店を目印に下車したら、目指すは国際フォーラムというイベント施設に向かって歩きましょう。

国際フォーラムに着くと「SHAKE SHACK」という看板が。

SHAKE SHACK(シェイクシャック)はアメリカのニューヨークで高い人気を誇る高級志向のハンバーガー屋さん。

今回の目的では無いので店舗をスルー。

さらに進んでいくとHall A「東京駅・京葉線」の地下通路が見えてきます。

ここまで来たら、すぐ隣に目指していたラメールプラールに到着です。

この時点でオシャレな雰囲気が出ています(^^)

テーマカラーの赤い入り口。

ではさっそく、モンサンミッシェル修道院で100年以上にわたって愛されてきたオムレツを食べに行ってみましょう。

本店のテイストを意識したデザインは見ても楽しめる

木製の扉を開けて中へ。

待合室を兼ねたエントランスには、重厚な赤いじゅうたんとシックなデザインの調度品。

ここでは、ラメールプラール本店で販売しているオリジナルクッキーを販売しています。

ラ・メール・プラール|株式会社モントワール

ラ・メール・プラールのクッキーは、プラールおばさんが考案したレシピに基づき、 厳選素材を使ってこんがり焼きあげた贅沢なクッキーです。 サブレ、パレの2種類をご用意。 異なる触感と味で、くつろぎのひと時をお楽しみください。  商品のご購入はこちらから ※一部、お取り扱いのない商品がございます。

壁には、今までスフレオムレツを食べに来た著名な方々のエピソードがずらり。

込み合っているときも、待ち時間を楽しんで過ごすことが出来ますね。

基本的に入店したら、すぐにギャルソンが案内にきますのでしばしお待ちを。

案内されて、テーブルに着席です。

スフレオムレツを食べるならTRADITIONコースがおススメ

白と赤を基調とした店内。

さっそくメニューを決めましょう。

なんといっても、ここの代表選手であり、訪れた人の9割は頼む「スフレオムレツ」は外せません。

 

ラメールプラールでは、オムレツのお店のように思われますが、パスタや肉・魚料理もしっかりラインナップされています。

「いろいろ食べてみたいけど、どのメニューが良いのか分からない・・・!」

 

そんなあなたにおススメしたいのが公式HP(食べログでも)でも予約出来る「TRADITION」というコース。

TRADITIONコースのココがおススメ

6種類のスフレオムレツからお好きな1種類をチョイス

②お店自慢の前菜6品からお好きな1種類(スープもしくはサラダ)

③食後のデザート+コーヒーor紅茶付き

※コースには食前にウェルカムドリンクのシードルがサービスされるプランも。

※通常のTRADITIONコースは3,872円(サービス料・税込)

※ウェルカムドリンク付き、飲み放題付きのTRADITIONコースもありますが
予約することで【単品注文】よりも割引価格で楽しめます。

正直、かなりオトクなコースなので、ぜひ予約してから行くのがおススメです。

 

しかも素晴らしいのが、1人での利用でもこのTRADITIONコースが予約出来るという点。

私みたいに取材目的でスーツ着たおっさんが金曜日の夜に1人でメモ取りながら食事するのは怖いですが(笑)

そういう1人でもオトクに楽しめる設定は有難いところ(旅館の1人コース的な)

 

実際に私もこのTRADITIONコースを頼んでみました↓

前菜(季節野菜のヴルーテ ガーリッククルトン)とアップルシードル。

スフレオムレツ(ベーコン・ポテト・チーズ)をチョイス。

オムレツとベーコン・チーズは最強の組み合わせですね(^^)

デザートはなんとワゴンで運ばれてくるという演出・・・(^^)

アップルパイとメロンケーキを頂きました。

最後に提供された紅茶も実に美味しくて、身も心も大満足。

 

メニュー的に前菜・メイン・デザートの3品になりますが、これでもかなりおなかが満腹になります。

なので、デートに来た男性でも十分満足できるボリュームになっていると思いますよ!

 

「いや、俺はもっと腹いっぱいに食べたいっ・・・!」

という大食い彼氏には【1888】という肉or魚のメインディッシュが追加で選べるコースもおススメ。

※ご予約はこちらからどうぞ!(^^)↓

ラ・メール・プラール – TableCheck

▶お席のご指定につきましては、ご要望に添えない場合もございますので、予めご了承ください。 ▶ご予約のお時間30分を過ぎてご連絡が取れない場合はやむを得ずキャンセル扱いとさせていただく場合がございますので遅れる場合は必ずご連絡下さい。 ▶お子様も含めてご来店される人数を入力してください。 【ご利用のお時間について】 ▶平日 …

モンサンミッシェル修道院で食べたあの味をもう一度

このスフレオムレツは初めて食べた人にとって、色々と衝撃的です。

 

それは、私たちが普通に想像するオムレツとは全然違うから。

ですが、この料理の魅力は写真映えする見た目でも、泡のようなふわふわ感ではなく

あのモンサンミッシェル修道院で巡礼に来る人々を100年以上にわたって、提供し続けてきた深い歴史にあるのではないでしょうか。

 

モンサンミッシェル修道院のある「ノルマンディ地方」は古くから酪農が盛んなエリア。

そこで取れたミルクを加工して上質なバターやチーズを今も生産しています。

その土地の特産品で旅人をもてなしてきたという歴史を知っているかどうかで、このスフレオムレツに対する見方はだいぶ変わると思います。

モンサンミッシェル修道院にある本店で食べたことのある方、そうでない方も長く旅人に愛されてきたオムレツを食べに来てはいかがでしょうか。

ROCKでした。


自分らしい自分だけの人生を

33歳元バックパッカーのわたしがこのブログを立ち上げた経緯や読んでいただいている方に伝えたい目的を紹介しています。