記事の内容:アジア圏で圧倒的に旨い!チキンライスについて

読み終わる時間:平均3分

伝えたいこと:チキンライスをみなさんにも食べてみて欲しい!

 

こんにちは。ロックです。

みなさんは、毎日でも食べたい!という料理ってありますか?

わたしはあります!

それは、バックパッカー旅をしているときに、マレーシアで出会った「チキンライス」でした。

今回はその「チキンライス」について、少しお話したいと思います。

チキンライスとは?

 

「チキンライス」と聴くと、一般には「オムライス」の中にはいっているケチャップライスを想像すると思います。(上記の画像)

ですが、東南アジアでは、だいぶ味付けの違う料理を指すのです。

それが、この写真

この「チキンライス」はアジア圏であれば、一般的に食べられているポピュラーな料理。

茹でた鶏肉に醤油ベースのたれがかかった前菜と鶏を茹でた出汁で作ったスープ。そして、鶏の旨み出汁で炊き込んだライスの3点セット。(※店によって構成は異なります)

Rock
写真を見ただけでまた食べたくなる・・・!!

東南アジアで必食の味

一度食べた方は、その味をご存知だと思いますが、病みつきになる一品なのです。

この料理の呼称は国によって変わります。

マレーシアやシンガポールは海南鶏飯(かいなんけいはん)タイはカオマンガイ。台湾には鶏飯(ジーロウファン)という小ぶりのチキンどんぶりがあります。これもおススメ。

呼称は異なりますが、基本的な味付けはほぼほぼ同じです。あとは、そこにショウガや辛みそなどの調味料を自分で加えて、好みの味付けにして召し上がります。

Rock
鶏飯も台湾で見かけたら、ぜひ挑戦してみて下さい!きっと気に入りますよ!

バックパッカーの味方

この料理の素晴らしいのは、その味と値段!

しっかりしたレストランだと普通に高いのですが、地元民が通う食堂街に足を運んでみるとかなり安くチキンライスを食べることが出来ます。しかも、一般庶民が食べに来る料理屋は基本的に外れが無いです。

もしもアナタが東南アジアに旅行するのであれば、ぜひともローカル食堂でチキンライスを食べてみてください!

シンプルな料理ながら、病みつきになるその味わいに一目ぼれすること間違いなしです。

日本でもチキンライスが食べたい!

わかります。

私もチキンライスの味を知ってしまってから、3年経った今でも無性に食べたくなります。たぶん、1週間3食食べてもイケるレベルです。

そこで、日本で食べられる店を探し、実際に行ってみたお店を紹介します。

東京の場合

『東京カオマンガイはJR神田駅そば「カオマンガイ」の専門店として有名。

値段も手頃で、気軽に楽しむことが出来ます!

 

大阪の場合

既に前回行ってから何年も経っているので、当時の写真は御座いませんが

麻辣坦々麺 堂島のチキンライス(こちらはシンガポール式)が美味しかったのを覚えています。

場所は大阪駅から徒歩圏内の北新地。

ロック的まとめ

①東南アジアでの旅のメシは「チキンライス」をいっぱい食べてみてください!

②東京や大阪で「チキンライス」を食べられるお店が多いのでぜひ足を運んでみてください!

みなさんにも、ぜひチキンライスのお店に行ってみるのをおススメします。

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。ロックでした。


自分らしい自分だけの人生を

33歳元バックパッカーのわたしがこのブログを立ち上げた経緯や読んでいただいている方に伝えたい目的を紹介しています。