海外51か国で愛用している充電グッズを紹介!ロードウォーリアー【オススメ】

読み終わる時間:3分程度

誰向け?:旅に向けて準備中のあなたへ

 

Rock
こんにちは、ROCKです!

すてきな「旅」してますか?

世界51か国を巡ってきた私ROCKが、世界の魅力をあなたにお届けするブログ「ログROCK」

 

現代の旅は常にネットを介して調べものから航空券・宿の手配など非常に便利な時代になりました。

1980年代のバックパッカー旅を描いた名著『深夜特急』のような旅は難しいかもしれませんね。

人づての情報で旅を続けていく姿には、不確かさという不安は常にありつつも、先の見えない楽しさがあります。

割と楽しかった思い出よりも、面倒に巻き込まれた体験の方が印象深いものです(笑)

 

さて、今回のお話は渡航先に持っていくべき充電機器について。

先程の話であるように、スマホやPCを毎日使って旅をしている昨今

避けて通れないのが電子機器の充電です。

旅人として最低限覚えておかないといけないコンセントにまつわる情報を

実際に私ROCKが愛用し続けているガジェットを通してお話ししたいと思います。

この記事で伝えたいこと

①必ず渡航先のコンセント形状を確認

②日本のコンセント形状と違うなら、変換プラグを用意

③ロードウォーリア変換プラグとマルチ電源タップをオススメ

海外のコンセントはいろんな形がある

日本であまり気にしないコンセントの形状。

しかし海外に出る時には最低限の知識として覚えておかないといけません。

でないと、渡航先であなたのスマホやデジカメが充電出来ないことになるかも。

というのも、各国(各地域)で採用されているコンセントの形状はバラバラです。


引用:RORD WARRIOR HP

日本の場合Aタイプと呼ばれる形状になっており、アメリカやカナダもこのタイプです。

一方で行く機会の多い東南アジア地域ではAタイプが使える国もありますが

丸芯プラグのCタイプという形状、もしくは穴が3つあるBFタイプも見受けられます。

※☝のコンセントはミャンマー・ヤンゴンの宿。日本のコンセントはそのまま差し込めます。

世界中の国でAタイプを挿せれれば良いんですが、なかなかそうはいかない海外。

行かれる前に必ず確認しておく必要があるのです。

海外で必ず持っていくべきアイテム

渡航先のコンセント形状は確認した!

となれば、次にチェックすることは、あなたが持っていく充電器を使えるようにするアイテムです。


海外と日本では電化製品の対応できる電圧が異なります。

基本的にスマホ・ノートPCやデジカメなどのガジェット類は100-240V(日本・海外使用可能)電圧

理美容品(例:ドライヤーやシェーバー)では日本でしか使えない仕様もあります。

その場合は変圧器と呼ばれる装置が別途必要に…。

ただ、日本からドライヤーやシェーバーを持っていく必要はあまり無いです。

ドライヤーは各国で備え付けられてますし、ヒゲは伸ばすのも手です(笑)剃りたい場合は、持っていきましょう。

それはプラグ変換ガジェットとマルチタップの2つ!

変換プラグは日本のコンセントと海外のコンセントの間にかます道具です。

使い方はとっても簡単。

変形ロボットよろしくで、渡航先のプラグに合う形状に組み立てるだけ。

コレひとつであなたの充電問題は解決します^^

そしてROCK的に必ず持っていって欲しいのが、マルチタップです。

これがあることで、スマホだけでなくカメラのバッテリーやPCの電源も同時に供給できます!

実際にROCKは50か国巡ったときから今に至るまでずっとこのブランドを使い続けております。

①ロードウォーリアー 変換プラグ

②ロードウォーリアー マルチ電源タップ

ロードウォーリアーシリーズは1993年に長野県の城下工業株式会社が生み出した傑作シリーズ。

昔から販売し続けているブランドで、これまで多くのバックパッカーが愛用してきたことでも知られています。

実際に使い続けて良い点と気になる点について、お伝えしようと思います。

ぜひ、購入前のご参考になれば嬉しいです^^

城下工業株式会社は長野県上田市の電子機器メーカー

城下工業は、1923年に創業した歴史ある会社。

もともとは生糸製造所(きいと=蚕の繭から取った絹の原料)としてスタートした会社は、時代を経て音響・通信分野の機器を開発製造するメーカーに。

そのなかで音響カプラーと呼ばれる海外でインターネットを使用するためのグッズを販売したことがロードウォーリアーの始まりでした。

1990年代のインターネット事情は電話回線による通信で、歴史上だとダイアルアップ接続が登場した時代。

そのころから海外へ出る人に向けてアイテムを販売されていたことに驚きです。

こちらのHPでロードウォーリアーの歴史を知ることができます^^

2002年に販売を開始したマルチ変換アダプター「ゴーコン」から18年。

現在の主力製品であるゴーコン変換プラグやマルチタップを筆頭に、各種コネクタや湯沸かしケトルまで!

さまざま商品展開をしているロードウォーリアーシリーズ。

大型家電量販店でも、旅行関係コーナーにかならず置いてある人気のブランドです。

じっさいに51か国使い続けて感じた良い点は4つ

薄い!軽い!

◎どの国でも対応してくれる心強さ

◎値段も手ごろ

◎購入後5年経ってますが、壊れ知らず

バックパッカーとして大事なポイントを全て押さえているのが◎

持っていく時に邪魔にならない点は、とても重要です。

バックパッカーとして何か国も巡る場合に、どのコンセントにも対応できるのはありがたい!

さらに、安心の日本ブランド。頑丈です^^

マルチ電源タップに関しては、非常に薄くて軽いにもかかわらず、3口も同時に充電可能。

撮影用カメラやノートPCも持っていくROCKにとって必要不可欠なガジェットです。

51か国使い続けて感じた気になる点は2つ

▲変換プラグはプラグの形状によってコンセントが抜ける時がある

▲電源タップのケーブルが短いので、高い位置にあるコンセントだと自重で抜ける

使っていて苦戦したのが、3つ穴タイプのコンセントの時。

海外のコンセントは高い位置に設置していることが非常に多く

アダプターやケーブルの重みに耐えられず、コンセントが抜けることがしばしば。

ROCKは、壁や床を利用して外れないように設置場所を工夫してます。

気になる点はあるものの、総じてとても優秀なガジェットです。

いちど購入すれば、海外に行った時も安心してあなたのスマホやデジカメの充電をしてくれますよ!

城下工業にコンタクトしてみた!

長年愛用しているガジェット『ロードウォーリアー』

いちファンとして、ぜひお話と紹介の許可をもらいたく、メーカーに連絡を取ってみました。

快く許可してくださった担当者様に、こんな質問をしてみました^^

Q1:ロードウォーリアーの中で印象的なゴーコンシリーズですが、キーワードとなる「小型化」と「遊び心」を両立するうえで開発に苦労したことはなにかございましたでしょうか?

ご担当者様遊び感覚でギミックを考えていったものなので、苦労したという意識はなかったです。
強いて言えば海外のコンセントそれぞれにしっかり刺さって固定されるか、検証と調整に手間暇かかりました。

Q2:競合先に株式会社カシムラ様のサスケシリーズがございますが、ゴーコンとの違いはどのあたりにございますでしょうか?

ご担当者様株式会社カシムラ様の販売されてるものは弊社からのOEMで同じ製品です。

Q3:サンワサプライ株式会社様でロードウォーリアーを販売されていますが同じものでしょうか?

ご担当者様はい、そうです。
      委託販売という形を取っております。

 

現在購入できる変換プラグのほとんどに城下工業様が携わっているようです。

さすがは老舗のブランドです^^

ぜひ、あなたも店頭で実物をみてみることをおススメします♪

ROCK的まとめ

①必ず渡航先のコンセント形状を確認

②日本のコンセント形状と違うなら、変換プラグを用意

③ロードウォーリア変換プラグとマルチ電源タップをオススメ

 

いかがでしたでしょうか。

旅の時に持っていくべきものがたくさんありますが

必ず日本で用意した方が良いものって実はそんなに多くありません。

その中で51か国巡ってきたROCKがコレは!というものを紹介してみました。

この情報があなたのお役に立てればと思います。

ROCKでした。


自分らしい自分だけの人生を

33歳元バックパッカーのわたしがこのブログを立ち上げた経緯や読んでいただいている方に伝えたい目的を紹介しています。