読み終わる時間:4分程度

誰向け?:仕事でゴルフを覚えないといけない方、ゴルフを体験してみたいと思っている方へ。

Rock
こんにちは、ROCKです!

すてきな「旅」してますか?

世界51か国を巡ってきた私ROCKが、世界の魅力をあなたにお届けするブログ「ログROCK

 

ゴルフって聞くと、一部のビジネスマンは「あぁ~・・・、ゴルフね・・」みたいな口調でなんともいえない顔をします。

ゴルフ自体は歴史あるスポーツであり、広大なコースを巡りながらのプレイは楽しいはず。

しかしながら、ビジネスの世界に関しては「接待ゴルフ」という伝統?が存在するのです。

週末の貴重な休みに夜明け前から家を出て、大事な取引先と一緒にゴルフをプレイして過ごす・・・。

残念ながら現在私が働いている化学業界では、こうした接待ゴルフの伝統が今も息づいていて「ゴルフ出来なければ出世できない」とまで言われています。

もっとも、出世うんぬんはあまり気にしていないROCKですが、世界にも目を向けて考えてみると、ゴルフが出来た方が良いことが多いと聞いています。

5年前のバックパッカー旅でインタビューをしてまわった社長様・事業主様らの話では、世界のエグゼクティブ(企業でいう幹部、重役を指す)でもゴルフを通じたコミュニケーションを取ることが多いとのことでした。

日本と海外を繋ぐかけ橋になりたいROCKとしては、いずれ来る?海外現地の企業様とコミュニケーションの一環で一緒にゴルフ場を巡ることが出来るレベルまで持っておきたいのが本音。

今回のテーマは仕事でゴルフを始めることになった全くの未経験者の方のお役に立てれればと思い、打ちっぱなしのゴルフ場の利用方法から始めるにあたっての注意点を書いてみました。

この記事で伝えたいこと

①ゴルフを始める場合は、打ちっぱなしでコーチによるレッスンを受けてみることから

②そのための道具は買わなくてOK。本格的に始めたいと思えたらで大丈夫

③東京都内でもゴルフ場はぽつぽつあります。今回は大島ゴルフセンターで

まずは打ちっぱなしでプロのコーチに教えてもらおう

ゴルフはただでさえ敷居の高いイメージしか無いのが本音ですが(笑)

じっさいにプレイしてみると、これがなかなか楽しいスポーツです。

大きく振りかぶって、ボールを打つ。

そのボールがまっすぐ遠くに飛んでいく様は「おぉ・・・!」という歓声とともに、爽快感がこみ上げてきます。

ただそれが「誰かと」一緒にゴルフ場(いわゆるラウンド)を巡る場合、多くのルールと作法が存在するため、とたんに面倒臭いことに・・・。(気心のしれた友達同士なら良いんでしょうが・・

それとラウンドでのプレイは初心者には大変厳しい。

通信対戦ゲームでいうところの装備とプレイレベルが整っていない状態で「オンライン」始めるようなものです。

右も左も分からない状態で誰かと一緒にプレイしても、ゲームの進み具合に大きく足を引っ張ることが容易に想像できます。(友達同士でプレイする場合でも、気まずい空気になるかもしれません)

そのためにまずは「オフライン」よろしく、自分のプレイスキルと装備を使いこなす最低限のレベルまで到達するために練習するところから始めるのが一般的な流れになります。

【START】打ちっぱなし(コーチ付き) ➡ しばらく練習(道具はレンタルでOK)
➡ このまま本格的にやりたいなら、自前のクラブなどそろえる
➡ 自分の道具を使ってさらに練習 ➡ ラウンドでのプレイ【GOAL】

参照:ゴルフ趣味の方々の意見から

ということで、クラブすら握ったことの無い私は、近所のゴルフセンターまで行ってみることにしました。(後ほど紹介いたします)

クラブを用意するまえに:ゴルフを楽しめるか確認しましょう

何事もそうですが、楽しむためには専用の道具を用意することから始める場合が多いと思います。

ゴルフもプレイをするために必要なクラブからシューズ・グローブといった多くの道具を用意しないといけないところはあります。

ですが、まったくの初心者であれば何も用意しなくても大丈夫です。

というのも、ゴルフであれ何であれまずは「体験」してみることから始めないと、自分が楽しいと思えることなのかどうか分からないから。

自分にうまくハマったのなら、それから道具をそろえる方が建設的です。

なかには実際にやってみたけど、自分には面白さが分からなかった。けれども、道具だけは既に揃えてしまっている・・・。

なんて悲しい状態になった人が居たりします。

「いずれ仕事で接待ゴルフをしないといけないから、用意しなきゃ・・・。」

という意見もあるかと思いますが、接待ゴルフ=ラウンドを巡ることになりますので、1から始める方には、だいぶ先の話(私もです^^;

ぜんぜん安くないので、まずはレンタルで道具を借りつつ、何度かレッスンを受けてみて、そこから購入の検討をするのでも全然遅くありません。

「ゴルフってなかなか楽しいじゃん・・・!」

そう思える頃まで慣れてきた段階からの購入が理想的だと思います。

初めてのゴルフはコーチを付けることをおススメします

これも多くの方からのアドバイスですが、ぜったいにぜっーーーたいに初心者はプロのコーチによるレッスンを受けるべきだと言われています。

それは、ゴルフをするうえで「正しいフォーム」を身に付けてプレイしないと上手くなれないと言われているから。

ゴルフをプレイするうえで、避けて通れない「スコア」の概念。

ゴルフはラウンドでプレイする際に、より少ない打数でプレイした人が勝つのが基本的なルールです。(サッカーや野球のようなスコアイメージ)

そのため、より少ない打数で自分の狙ったところにボールを持っていく技術を必要とされます。

その技術力の基礎となるのが「正しいフォーム」

フォームに関しては独学で学んできた方も多い中で、その方々が「最初はプロに習え」とアドバイスして下さっておりました。

独学の恐ろしいところは、変なフォームのままプレイしてしまうことで、後々修正が効かないぐらいにクセが付いてしまうとのこと・・・。

「プロに習えば良かった・・・」

後悔されている方らからのアドバイスを真摯に受け止め、私はプロのコーチから教えてもらうことにしました。

大島ゴルフセンターで初体験:利用方法はこちら

バックパッカー時代に知り合った友人と一緒に、東京都江東区大島にあるゴルフセンターに行ってきました。

なぜここなのかは、お互いの住みかに近い場所ということと、都心の中でアクセスが良いのが採用基準でした。

「大島ゴルフセンター」は都営新宿線大島駅から徒歩5分にある3階建ての打ちっぱなし場です。

通常料金は、施設利用料にあたる入場料【440円】と+ゴルフボール代、それと貸しクラブ代【300円】がかかります。

大島ゴルフセンター

都営新宿線大島駅から徒歩3分のゴルフ練習場。 PGA A級ティーチングプロによるレッスン、スクールもご用意しております。

ココでは1階の方がボール代が高く設定されており、3階の方が同金額で多くの球を打つことが出来ます。(ゴルフ場によって、1階~3階で料金設定に差があり)

画像参照:大島ゴルフセンターHP

打ち放題プランとかもありますが、今回は祝日だったので早朝6:00~9:00入場までの早朝プランでプレイすることに。

早朝プランは入場料+ボール80~100球つきで1,080円のプラン。

私はそこに貸しクラブ【300円】と30分【2,200円】のプロ個人レッスンを付けることに。

御教え頂けたのは廣瀬コーチ。

全くの初心者である私にも、すごく優しく教えて下さった素敵なコーチでした。

プロレッスン | 大島ゴルフセンター

都営新宿線大島駅から徒歩3分のゴルフ練習場。 PGA A級ティーチングプロによるレッスン、スクールもご用意しております。

コーチがやってくる前に、自分で準備しておきたい5つのこと

大島ゴルフセンターは、入ってすぐ右に受付があります。

ですが、ここでお金を支払うのではなく、入り口から左側にあるチケット販売機で利用料金を支払うシステムです。

貸しクラブやコーチによるレッスン料金もここの券売機で購入しましょう^^

準備が出来たら、受付でチケットを渡してクラブを見繕ってもらいます(何のクラブが良いのか分からない場合は、初心者であることをお伝えすればOK)

さて、ここからはコーチが来る前に必要な準備をお伝えします。

①自分の打席に着いて、かるくストレッチ

➡ゴルフはけっこう足腰に来ます。腕や手首もかるくほぐしておきましょう^^

②スポーツシューズがあれば、履き替える。財布や携帯などすべてしまいましょう。

③ゴルフボールを用意する必要があります。

➡受付で渡されたバインダーの中にゴルフボールを手に入れるためのチケットが同封されています。

このチケットを廊下に設置してあるゴルフボール排出機に飲ませると、契約したプラン分の球が下から出てきます。

そばにあるかごを使って、打席まで持っていきましょう。

④手に入れたボールは打席にある機械へセットしましょう。

➡写真のココから先ほどのボールを投下したら準備完了です。

⑤今のうちにお手洗いへ。

➡お手洗いは1階と2階の打席スペース一番左奥に御座います。

2階のトイレは和式のため、洋式じゃないと!という方は1階まで下りる必要が^^;

ここまで準備出来たら、あとはコーチに従ってレッスンを楽しんでみましょう!^^

ROCK的まとめ

①ゴルフを始める場合は、打ちっぱなしでコーチによるレッスンを受けてみることから

②そのための道具は買わなくてOK。本格的に始めたいと思えたらで大丈夫

③東京都内でもゴルフ場はぽつぽつあります。今回は大島ゴルフセンターで

 

いかがでしたでしょうか。

ラウンドでプレイするまでだいぶ時間と根気のいるスポーツですが、まずは気軽に体験してみることから始めるだけでも、印象はだいぶ変わります。

一度やってみて、面白いと思えたらその分だけあなたの世界観は広くなっていきます。

「興味はあるんだけど・・・」

な方は、ぜひ一度打ちっぱなしで遊んでみては^^

ROCKでした。


自分らしい自分だけの人生を

33歳元バックパッカーのわたしがこのブログを立ち上げた経緯や読んでいただいている方に伝えたい目的を紹介しています。